SG、SF、PFに伝えたいこと!必要なプレイ超初級編!

さて、今日もいきたいと思います!

 

〜なぜシューティングガード、スモールフォワード、パワーフォワードがひとまとまりになっているのか??〜

普通ならシューティングガードのやること、スモールフォワードのやること・・・ そうやって決めていくでしょう! いったい、この3つのポジションの選手は何をすべきなのでしょうか??    

 

〜kouの持論!チームカラーはこの3人の選手で決まってくる!〜

チームがどんなチームになるか?? それはこの3人で決まるとkouは考えています!

この3選手に求められるもの。それは・・・ 「一撃必殺の必殺技!!」です!!  

 

主な必殺技の例は

「チームで最も高い確率で入り、相手チームを黙らせる3ポイント。」

「相手のエースを木っ端みじんにするディフェンス力」

「ディフェンスがどんな選手でも強引に突破してシュートを決めてしまう1on1の能力」

「ディフェンスリバウンドもオフェンスリバウンドも取りまくるジャンプ力」

「フェイクがうまく、相手のエースにファウルをさせて退場させてしまう策士」

「全チームの中で最高速のスピードスター」

「目立つこともミスもいっさいしない、ひたすらディフェンス、リバウンドで泥臭く活躍して、味方にチャンスを作るタフネス」    

 

今現在、この3つのポジションでプレイしていて、何をすればいいかわからない!

そういう人はこの中から、「1つだけ」選んで、それを「チーム内で最高のレベル」にしてください。

それだけであなたは試合に出て活躍することができます!!!    

 

〜注意点〜 ただし、この考え方は以下のことを前提にしています!

「まずチーム内で要求されていることをマスターすること」

そもそもチームで試合に勝とうとした時に、どんなチームにするか?大きくわけて2つの考え方があります。

1つめは「監督の理想のチーム(速攻で攻めるべき!)にあった選手を試合で使う」

2つめは「監督が選手にあった戦略を構築する」    

 

この2つはどっちがよくて、どっちが悪いというのはありません。 そもそもバスケを習い立ての中学生では、自分がどんな選手なのか自分でもわかりません!

ですので大半は1のチームだと思います。    

1つめの考え方のチームであれば「チームで要求されていること」がきちんと理解しなければ

武器が身に付いても試合に出してもらえる時間は減ってしまうかもしれません。

 

例えば速攻主体でオフェンスをしたいと考える監督はムダなドリブルを極力嫌うので

「よし!じゃあ俺の武器はどんなDFも抜き去るドリブルだ!!」と考えて、やたらにドリブルすると「おい!そこはパスで早くせめろ!」と怒られてしまいます。

 

 ただ、とにかく武器は絶対に必要になることは間違いありません!

 

SG、SF、PFに必要なプレイをまとめると

・自分の武器を見つけてチーム1に磨き上げること。

・武器が活かせる状況をきちんと理解すること(場合によっては監督に相談すると良いでしょう!)

 

ぜひ自分だけの武器を磨いておくことを忘れないようにしてください!!

次回からはポジション別の必要なプレイ 「シューティングガードに必要なプレイ初級編」を紹介します!