うまいスモールフォワードってなんだ??必要なプレイ中級編

 さて、今日はスモールフォワード中級編です!

 

~うまいスモールフォワードとは??~

前回の記事SG、SF、PFに伝えたいこと!必要なプレイ超初級編!では、 チームのカラーはこの3人の個性である程度決まってくる・・・とお話しました。 その中でも、最も個性が全面に出るポジションが この「スモールフォワード」です。   このポジションはまさしく、 「己の武器」を磨き続けることでチームに貢献することがもっとも活躍できる機会が増える方法だと思います! 自分の武器を探して、それを磨き上げてください!

 

〜スモールフォワードは何をするべきか??〜

スモールフォワードのプレイヤーは普段、どんな練習をするべきか?? 全体練習でも個人練習でも 「自分が決めた武器1つをのばす」ことだけに集中してほしいのです。 武器を2、3個も持とうとしなくて大丈夫です。 たった一つ、チームにも相手にも、誰にも負けないものがあれば それだけで試合で活躍できます! どんなときも自分の武器をのばすことを忘れないでください!!

 

〜スモールフォワードが試合でやるべきこと!中級編〜

さて、スモールフォワードというポジションは 「バスケの才能が最も問われるポジション」と言われています。

シュート、1on1、リバウンド、ボール運び・・・ 体格も身長もありながら、豊富な運動量も持っていなくてはならない。

スモールフォワードはたいていエースポジションなので、相手チームのエースをマークするディフェンス力も要求される。

スモールフォワードのやることは山のようにあるわけですが まず「これだけはできてほしい!!」 ってところを紹介していきたいと思います!

 

 

①ポジションチェンジ アウトサイドプレイヤーの動きが悪いと パスまわしがうまく行かず、攻撃が単調になりがちです。 そこで、1回のオフェンスで、全員が一度はポジションチェンジをするべきだというのがボクの考えです! (チームで方針が決まっている場合は、方針に従ってください!) こちらをご覧ください!  

 

ダメな場合

その場でボールをもらうだけだとオフェンスが単調にボールをもらって1on1を仕掛けようとしてますが ディフェンスはまったく崩れていません。   この状態で勝負を仕掛けても、いいリズムは生まれません。

 

        ポジションチェンジした場合

 

スモールフォワードが大きくポジションをチェンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きくポジションをかえてみました。   3ポイントが武器の選手ならこの段階でまずシュートを狙ってみても 面白いかもしれません。  

ただ、インサイドにボールが入った場合は、ディフェンスを引き連れてしまうので、やめましょう。  

 

 

まずセンターがポジションをあける。空いたポジションに2番がカットイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員が 「空いたポジションに切れ込む」 「自分がポジションを移動して、味方を生かす」 という考えを持つと、オフェンスがダイナミックに動き出します。

  こうなるとディフェンスは揺さぶられ、ディフェンスに隙が生まれるのです!

こうして、ディフェンスを揺さぶり、隙を作り、隙ができたところで自分の武器で勝負していけばいいわけです!

 

いかがでしたか? スモールフォワードは大変なポジションですが、 チームで最も自由にプレイができるポジションです!! ぜひ楽しんでプレイしてくださいね! もちろん、レベルが上達すればもっといろんなことを考え、学び、練習する必要が出てきますが、1度にたくさんはできません!

 

また次回をお楽しみに!