脱力するには、体幹を使う??

レベル: 
2

どうも。

kouです。

 

最近は、あまりバスケできておらず、ちとストレス溜まってます…

 

 

さて、あなたにはこんな悩みはありますか。

「自分ってパスミスやドリブルミスが多いなぁ…」

「シュートが入らない!!」

 

それはもしかしたら、足や腕に余計な力が入ってしまっているのが原因かもしれません。

 

 

1. なぜ初心者と経験者の動きに違いが出るのか??

さて、スポーツ初心者と経験者の違いってなんだと思いますか?

 

もちろんいろんな理由があると思いますが、僕の考える回答の1つは

「動きに無駄な力がないこと。力をスムーズに伝えられる事」

これを実現するには、そのスポーツにあった「うまい身体の使い方」を会得する必要があります。

 

例えば、あなたもシュートを打つときに「肩の力を抜け」とかは聞いた事あるのではないでしょうか。

 

シュートという動作を行う際に、肩にぐっと力を入れることはスムーズなシュートの動作の邪魔になるのですね。

もしシュートの際に肩に余計な力が入っているのなら、それはシュートを打つ際に「うまくない身体の使い方をしている」

逆にちゃんと力が抜けて入れば、シュートを打つ際に「うまい身体の使い方をしている」

と言えます。

「体のどの部分に力を入れて、どの部分に力を入れないかを瞬時に行える」

これがどのスポーツにも共通して必要な体の使い方であり、初心者と経験者の動きに違いが出る理由だと思います。

 

 

2. うまい身体の使い方は、ものすごい重要!!

トレーニングの記事を書いておいてなんですが、中学生、高校生では「筋力をつける」よりも先に「うまい体の使い方」をマスターするほうが長期的には有利です。

 

体の動かし方を修正するのは結構難しいのがデメリットで基本的には無意識に行われるものなので、一度クセがついてしまうとそれを強制するには身につける時間の倍、かかりますし、直せないこともありますが、「うまい体の使い方=もっとも少ない力で効率よく身体を動かせる」ということなので

・疲れにくい。

・相手に動きが読まれにくい。

・筋力を鍛えればさらにスピード、パワーがあがる。

という効果があります。

 

これが間違った体の動かし方のままで、筋力を鍛えてしまうと、もっとも悪い効果としてはケガが増えます。

また、体の動かし方を学んでも、鍛えた筋肉が間違った動きを覚えてしまっているので、なかなか動きが身につかないんですね。

なので、筋力が発達し切る前にぜひ正しい動きを身につけてもらいたいと思います。

 

では、うまい身体の動きをするために重要なものはなんでしょうか?

それは「姿勢=バランス」です。

 

 

3. 体幹にチカラを入れて、上半身を安定させつつ、腕や足の力は抜けている状態だとうまい身体の使い方になりやすい。

人間の身体の構造上、「ここのチカラを抜くと、連動してここの力が抜ける」といったことはけっこうあります。

 

代表的なのは、「ひざの力をぬくと、肩の力も抜ける(イチローか室伏広治がなんかのインタビューで言ってました)」です。

これは実際に自分で確かめてみるとまさにその通りです。

 

で、これと同じように、腹筋にある程度力を入れてプレイしていると、上体がとても安定するので、末端の筋肉=腕や足の力が抜けやすくなります。

ぜひ練習中に、腹筋に意識を向けつつ、他の部分の力は抜いた状態を身体に染み込ませてください。

 

と言いつつも、意識しながら動くのは大変なので、おすすめなのは体幹トレーニングを始めることです。

筋力をつける前に身体のうまい動きを覚えるべきと言ったのに、トレーニングをオススメしますが、あまり気にしないように!!笑

 

身体のうまい動きには、最低限の体幹トレーニングが必要になるという理解でいてくれればと思います。

もちろんトレーニングは自分の体重だけで行うものです。

(この記事や他の記事でも同様ですが、中学生は自重、高校生はフォームをマスターするだけの軽いウェイトトレーニング以外は基本的に行ってはダメです。)

 

 

4. 腹筋ローラーを使ってみよう!!

体幹トレーニングと一口にいってもたくさんの種類があります。

例えばバランスボードと呼ばれる器具を使って、行うことが可能です。

 

 

 

他にも僕の近くのジムではNBA選手も行なっている「TRX-Suspension」トレーニングなどが行えます。

ちなみに「TRX-Suspension」トレーニングとはこういうのです。僕ももう少しお金があれば、これをやってみたいのですが笑

 

ただ、中学生、高校生がこのようなジムに行くのはかなり非現実的ですよね。

 

かといって、家でひたすら腹筋と背筋だけ行なっても効果はほとんどありません。

なので、中学生、高校生でも手の届く範囲で、コスパ最強なのは今のところ、この腹筋ローラーでしょう。

下の動画を再生するとレブロンがトレーニングしてるところから再生スタートします。

 

この腹筋ローラーは自重だけでもかなりのトレーニングになる上に、2000円もあれば購入できます。

 

kouが使っている腹筋ローラー

 

僕はこの腹筋ローラーを使って、ひざをつきながらほぼ毎日30回程度やっています。

1ヶ月も続けてると、体幹が安定しプレイの違いを感じれるはずですよ。

体幹が安定し、脱力する癖がつくと、今度は相手に読まれにくく、かつキレのある動きができるようになります。

 

次回はうまい身体の使い方をしたドリブル方法を記事にしたいと思います。

お楽しみに。