目的別筋トレシリーズ!リングに届くジャンプ力を手に入れる1

目的別筋トレシリーズ!   今日は「リングに届いてしまうくらいのジャンプ力」を   あなたに身につけてもらおうと思います!

 

●ジャンプは全身の筋肉を使って飛ぶ!

実は中学時代、自分は 「ジャンプは足で飛ぶんだから、足を鍛えよう!」と考えていたのですが 実はジャンプで高く飛ぶには「全身の筋肉」を使います!   なので体中のいろんな筋力をバランスよく鍛える必要があるのです。

 

●ジャンプのフォームが重要

ジャンプには正しいフォームがあります。 ジャンプのフォームを変えるだけで、ジャンプ力が上がる人もいます。   正しいフォームを見てみましょう。   なかなかいい動画が見つかりませんでしたが、おそらくこの2つの動画がフォームを覚え、イメージするのに 最適だと思います   この動画では、「上半身の姿勢」と「腕の使い方」に注目してください。       高くとぼうとすると前かがみになってしまう人が多いのですが 上半身はできるだけまっすぐな方が高く飛べます。   

フォームについて、この記事を御覧ください!

=> ジャンプの仕方にもコツがある!もっとも高く飛べるジャンプフォーム

 

●ジャンプ力アップトレーニングメニュー

基本的な考え方は 1,「筋肉を増やす」「筋力を上げる」 2,パワーアップした筋肉にジャンプの動きを覚えさせる   ジャンプ力に限らず 瞬発力を必要とする運動は ただ、筋トレをするだけでなく   「筋肉を動かす神経系に爆発力のある動き」を覚えさせる必要があります。   そこで普通の筋トレに加え、「神経系」を鍛えるトレーニングを加えます。 それが「プライオメトリクス・トレーニング」と呼ばれるトレーニングです。   メニューについてはあまりたくさん紹介しても混乱してしまうと思いますので、 また別の記事で紹介させてもらいます。  

今日の記事では 高く飛ぶための「ジャンプフォーム」を身につけることを優先してください。   プライオメトリクス・トレーニングの一例を紹介しておくと   以下の動画に出てくるようなトレーニングがプライオメトリクス・トレーニングです。   プライオメトリクス・トレーニングについて、興味が湧いた人は 私がamazonで購入したこの本がおすすめです。

爆発的パワー養成 プライオメトリクス

 

基本的に本の内容は完全に大人向けとなっていますが、 高校生ならば、購入しても損はないでしょう。 中学生であっても強度の低いトレーニングからなら大丈夫です。   次回は kouが実際に教え子にやってもらっているトレーニングメニューを 紹介したいと思います!